Connect(コネクト)アプリ

 Connect(コネクト)は可愛い女の子とビデオチャットできるアプリです。最近流行りのスマホでライブチャットができるアプリです。Android・iPhone共にアプリがあります。

※このバナーはAndroidのみ有効です。iPhoneやPCでご覧の方は↓にiPhone用バナーやQRコードがあります。

目次

  1. Connect(コネクト)の概要
  2. Connect(コネクト)の料金
  3. Connect(コネクト)の無料ポイント
  4. Connect(コネクト)の評価
  5. Connect(コネクト)のインストール
  6. Connect(コネクト)の退会方法

Connectの概要

【動画】ビデオ通話ができるライブチャットアプリ-Connect /コネクト


 Connect(コネクト)はおしゃべりを楽しむアプリのようで、料金から考えてもノンアダルトのようです。

 コネクトは「Neverland Apps limited」が運営しておりますが、日本人が代表のシンガポールの会社で、他にもライブチャットアプリを運営していることくらいしかわかりませんでした。大手の系列ではなさそうです。

 運営開始は2017年6月で、1年以上運営されているので、すぐダメになるようなライブチャットではなさそうですが、ポイントを大量購入しておいておくのは控えましょう。

Connectの料金

 Connectの料金は次のとおりです。

 まず、ポイントを購入する必要があります。アプリ内でポイントを購入すると、GooglePlayで購入したことになります。

  •  410pt →  600円
  •  850pt → 1200円
  • 2150pt → 3000円
  • 3900pt → 5000円
  • 8820pt → 9800円

 消費ポイントは次のとおりです。

  • 音声通話    → 100pt/分(150pt)
  • ビデオチャット   → 120pt/分(200pt)
  • メッセージ送信 →  50pt/通( 80pt)

 消費ポイントはキャンペーン価格です。カッコ内が通常価格です。キャンペーンと言いつつずっとこの値段のような気もします。通常価格に戻ってたらごめんなさい。

 9800円購入すると1ポイントは約1.11円なので、音声通話が111円/分、ビデオチャットは133円/分。メール送信が1通55円。すべて税込みとなります。

 もちろん、5000円以下の購入だと割高になります。ライブチャットはポイントの消費量が多いので、600円や1200円の少額を購入するケースは少ないと思いますが、例えば3000円のポイント購入だとビデオチャットは、167円/分まで高くなります。

 ポイントを購入する際は9800円購入をおすすめします。

Connectの無料ポイント

 Connectでは、無料登録後で500ポイント約555円分の無料ポイントが貰えて、さらに翌日300ポイント貰えます。プロフィール編集で45ポイント貰えます。あと、ログインすると1日1回10ポイント貰えます。

 初回購入時は、1000ポイント約1111円分のおまけポイントが貰えます。

Connectの評価

 Connectの評価は「8」としました。料金が安く(キャンペーン価格の場合)、可愛い女の子も沢山います。無料ポイントが少ないのと、運営会社の信用度がよくわからない点がマイナスです。

 低料金で可愛い女の子と会話したい方にはおすすめです。

 スマホで遊べるConnect以外のノンアダルトは、「ビービーチャット 」、「Fany」、「携帯彼女」、「おチャベリ」等がおすすめです。

※消費税込価格 
総合評価 8/10
無料ポイント 約888円分
対応機種 Android・iPhone
ビデオチャット 133円/分
音声通話 111円/分
のぞき 112円/分
メール 55円/通
支払い方法 Googleやアップルが提供する支払い方法

アプリのインストールと登録

 ConnectはAndroidアプリのみです。下のボタンからGooglePlayでアプリをダウンロードしてください。アプリのインストールは無料です。

Connectの退会方法

 Connectの退会方法は、通常画面右下に「その他」メニューがあります。メニューの「設定」を選んで、「アカウント」の項目内に「退会」があります。「退会する」を選べば退会できます。


※このバナーはAndroidのみ有効です。iPhoneやPCでご覧の方は↑にiPhone用バナーやQRコードがあります。


ライブチャット ジュエルライブ
ライブチャット比較ランキング.netのQRコード
当サイトをスマホでご覧になりたい方はQRコードをスマホで読み取ってください。